1月22日〜2月14日の山のお手入れ

daimineweb0214

年末から谷戸の池の工事が始まる予定がずれ込んでいましたが、1月末ようやく始動。

谷戸への道は3月22日まで閉鎖になります。(予定→5月いっぱいに変更の連絡入りました。)

我々の活動場所とは違う場所ではありますが、立ち入り禁止となった区域からは遠く影響のない、ごんび山の北斜面を集中的に作業しています。

ここは昔は畑だった面影は全く無くなって、暗く鬱蒼として、通路は通れるものの、とても中には入っていけない状態でした。昨年から少しずつ片付けていましたが、かっちゃんの今年絶対ちゃんと片付けたい場所の1つ。

img_0271
日が差し込む明るい森になってきています。

img_0268

img_0256img_0265img_0266

img_0264
子供達はブランコになるツルを発見
img_0250
コクラン(貴重な日本の野生ラン)の葉。梅雨の時期に咲く小さな赤紫の花は虫メガネで見るとカトレヤの花の形をしているそうです。

2月で西表島に移住される立ち上げメンバーのOさんは山小側の通路の草刈りの仕上げを念入りにしてくださいました。

img_0257
山崎小側の道はいつもOさんが綺麗にして下さっていました。

1月24日は、作業するごんび山北斜面への行き来を楽にする為に、一時危険だったので塞いでいた稲荷神社〜ごんび山の階段を作成以前はメイン通路だった旧道を歩きやすく草刈りもしました。

img_0237
神社階段脇の一時閉鎖状態だった道が歩きやすくなりました。
img_0235
最近台をウロウロしている狸の親子。かわいそうに皮膚病で絵本の絵姿とはだいぶ違います。
img_0241
チェーンソーの他、細い木はハンドソーで。倒れるよ〜。
img_0272
ヒノキの切り株からは爽やかな甘い香りがします。

2月14日も引き続きごんび山北斜面とそこまでのルートの整備です。

自主保育の青空さん達がお手伝いに来てくれて山が賑やかで華やかでした。

img_0705
何度かお手伝いに来てくれている子達なので道具の使い方も慣れたもの!とってもきれいになりました。男の子達は枝を見つけると戦いごっこです。

img_0697

img_0684
切り倒した後は、
img_0690
枝を落とし、運べる重さに幹を切ります。
img_0685
チェーンソーや草刈り機隊に様子を見て片付け隊がつき、それぞれの場所で作業を進めます。
img_0680
ソテツの木の皮は織られた布みたい。亀の子束子や箒の材料になるそうです。
img_0692
大きな葉っぱは子供達の遊び道具になりました。

ごんび山北斜面の整理はまだ続きます。

img_0242
かちゃんちの2階にはご近所の方が譲って下さった豪華7段の雛飾りがかざられていますよ。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中