台峰散歩と大木伐採見学in てんだいマルシェ

今週末からいよいよ夏休みですね!(あっという間!!)

しばらくアップをさぼっていましたが、7月26日木曜日いつものかっちゃんの家でてんだいマルシェを開催のお知らせを。(保全活動も着々行っていますよ。)

てんだいマルシェ-01

てんだいというのはかんちゃんちの屋号です。

台に古くから住む方達の家には、その家の仕事や場所にちなんだ苗字とは違う屋号があるのだそうです。集落にまだ今ほど家が無かったころ、かっちゃんちはこの集落で一番高い位置にある家だったそうです。

今回のマルシェは地域の交流と会費制をとらずに自腹で活動する台峰緑地保全会へのカンパ目的もあります。当日カンパ頂いた方には神社の伐採した桜の木で、あっちゃんが作成した木のお守りプレゼント!よろしくお願いいたします!!。子供にはかっちゃんの手作り竹とんぼプレゼントもあります。あっちゃんの存在感たっぷりの素敵な木の什器の販売もあります。

img_1901.jpg
稲村神社の桜のお札プレゼント
IMG_1905
手作りアクセサリーの販売什器としてや多肉などの鉢置きにも!

26日は9時半出発で、台の生き字引、かっちゃんと歩く台峰散歩&大木伐採見学もあります!
台峰緑地保全会では危険木や、他の植物の成長を促進、人と共存する明るい里山の姿に戻す為に必要な伐採を、森林インストラクターでもある伏尾さん、かっちゃんとあっちゃんの確かな技術と安全の為の入念な準備の元行っています。

IMG_0979

元々住民の畑だった台峰に、戦後国が木材需要の高まりに答えるために勧められた造林政策で植えられたものの、木材価格の低迷、伐採やその後の植林にもコストがかかるため、放置された挙句に花粉を増大させているスギ。これらは成長が早く常緑のため、光を遮り、他の低中木や植物の成長を阻みます。

樹齢およそ50年前後となった大木を、人はもちろん、周りの木々への影響なく、安全にどのように伐採するのか、かっちゃん、伏尾さん、あっちゃんの解説と実演付きで見てみませんか?

IMG_9202
山崎小の授業の時の写真
IMG_9200
勉強になります。

なかなか出来ない貴重な経験です。

見学場所の安全は確保いたしますので、小さなお子様連れでも大丈夫です。

身近な緑や森について考えるきっかけになれば。神奈川の植物調査に協力もしたかっちゃんの植物のお話や、昔の台峰の様子を聞きながら歩くといつもの台峰も違って見えるかも。

参加費は無料。当日参加でも大丈夫ですが、準備の為事前予約をお願いいたします。

申し込みは橋本康子さんまで。

電話に抵抗のある方は

kitakamakuracotton@gmail.com

でも対応いたします。

参加した後はてんだいの家でマルシェを楽しんでも、そのままそらまめさんのイベントに参加も可能です。

てんだいの家では食べ物飲み物の販売の用意もありますが、心配な方は持参いただいても。

休憩室、授乳室の用意もあります。

トイレはてんだいの家に戻らないと山にはありません。

暑いので熱中症予防の飲み物はご持参ください。

 

 

 

 

 

 

img_1900.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中